教えたくない宿

我が家のムスコもいつの間にか高1。

もう親といるよりも友達と過ごす方が楽しい歳になった。

自分がその年代の頃のことを振り返ってみてもそうだ。

 

 

仕事柄ムスコが幼いころから海外に連れて行った。

小学校へ上がるまでは年に4~5回いろんな国へ行った。

タイ、ベトナム、インドネシア、中国、台湾、etc…

だが、小学校に入るとそうもいかなくなる。

「ちょっと出張のついでにムスコも連れていきますので学校休みます」

とは言えない。

だから学校に上がってからはムスコを連れていくのは私の出張と学校の春休み、夏休みなどとが重なったときに、何年かに一度の割合になった。

出張先の、取引のある人たちも、だからムスコの印象は今でもオムツをはいてよちよち歩く『シンチャン』だ。

当時アジアではアニメの『クレヨンしんちゃん』が大流行していて、ムスコの名前がシンチャンだというとレストランのコックさんが厨房から出てきて『シンチャン』を見に来た。

 

 

親と一緒に旅行に行くのはもう最後だろう。

そう思ったので今年の夏は家族でインドネシアへ。

インドネシアの玄関口はバリ島。

バリには今ではほとんど取引先が無く、仕事の主戦場はジャワ島だが、リラックスできるのはやっぱりバリ。

いつもはひとり旅でスケジュール優先で素通りしてしまうのだが今回は仕事3割家族サービス7割。

「仕事」前にバリで3日のんびりすることにした。

「のんびり」に大事なのは宿。

ここにはワタシにとって、とっておきの宿がある。

 

 

十年ほど前にバリフリークの日本人のサイトで人気ナンバーワンになったことから予約を取るのがとても難しい宿になったのがアラム・ジワ(Alam Jiwa)。

二か月以上も前に予約したのに10室中空いているのは1室だけ。

7人泊まれるスィートだけ。

昔、宿泊客がいないときにこのスィートの部屋を見せてもらったことがあり、一度泊まってみたいなと思っていたので即予約。

 

 

家族で最後にバリに来たのは5年前。

その時もここに泊まろうと思ったがやはり満室だった。

5年前に泊まったのは渓谷の宿で、そこにはプールが無かったのでアラム・ジワまでプールに入りに来た。

支配人のコマンさんはゲストでもない私たちに

「オカエリナサイ」

と優しく微笑み、胸ポケットから取り出したハーモニカを吹いてくれた。

IMG_2855

 

そのコマンさんも3年ほど前に亡くなった。

IMG_0846

合掌

 

 

ところでこの宿をホテルと呼ぶのには違和感がある。

机の上を歩くカラフルな虫。

壁に這う小さなヤモリ。

朝に聞こえる鳥の声。

窓の外、遠くに見える農夫。

設備の整ったホテルを期待している人には不快に感じることがあるかもしれない。

 

IMG_0825

IMG_0824

石の洗い出しの小道の横には小さな川が流れる。

 

IMG_0821

小道の突き当りにあるスィートの入り口。

 

IMG_0802

玄関は3階建ての2階部分にあり、階段を下りると1階はキッチンのあるダイニングルーム。

IMG_0807

IMG_0803

 

IMG_0796

IMG_0791

2階のベッドルーム

 

IMG_0808

2階のリビング

IMG_1118

ここでもゲームかい

IMG_0793

IMG_0801

2階のバスルーム

IMG_0809

 

2階と3階にはそれぞれベッドルームとリビング、バスルームがある。

IMG_0815

3階のベッドルーム

 

IMG_0790

 

3階のリビング

IMG_0814

3階のリビング

 

IMG_0816

IMG_0817

デスクがふたつ。一度も使いませんでしたが…

 

IMG_1132

窓から

 

 

ところで昔は宿泊客の8割が日本人だったけど今回は欧米人の姿しか見ない。

その理由を尋ねると最近は欧米からの予約が増え、日本からの予約を受けずらくなったということらしい。

いつも来てくれていた日本の〇〇さんや△△さんの予約を断ることになり残念です、と言っていた。

トリップアドバイザーの罪ですな。

IMG_1130

 

 

スィートと言っても価格はTAX&サービス料込みで1泊236ドル。

今円高だから24000円くらいです。3人で。

ひとり8000円ですよ。

日本だったらビジネスホテルの値段です。

でもね、一度は泊まってみたかったスィートだけど我々3人家族では手に余った。

3日間の滞在で1階と3階は〝見に行った〟だけでほとんど使わなかった。

デラックス(83~100平米 125ドル)、ライスフィ-ルドビュー(61~77平米 105ドル)で十分です。

http://www.alamindahbali.com/alam_jiwa.htm

 

IMG_1204

アラム・ジワの宿泊料の領収書は手書き。

ここは予約帳もレシートもすべて手書きです。

パソコンでプリントアウトっていうのはここにそぐわない。

 

 

ところでこの宿はバリのドライバー、カデ君が教えてくれた。

彼はこのアラム・ジワとドライバーの契約をしている。

客が要望すればホテルのドライバーとして客を乗せる。

 

十数年前、彼がいい宿があると言ってここを教えてくれた。

どんな風に良いのか尋ねると、スタッフが良いと言った。

箱がよくても、宿の評価を決めるのはそこで働いている人たちだ。

彼らはフレンドリーで、でもゲストとスタッフの立場をわきまえていて、客がここの滞在に感動することを自分の喜びとしている。

IMG_2973

 

3日間の滞在を終え出立するときにアラム・ジワのスタッフがこう言った。

「イッテラッシャイ」

また帰ってきてください。その気持ちを込めてなんだろうね。

 

こんないい宿があるよって、教えたいような教えたくないような、複雑な気持ちです。

アイアンバーと留め金具

つばきやオンラインショップではベンチや棚板、アイアン製品などを販売しています。

実店舗でよく売れるのが一枚板を用いたベンチ。

需要に供給が間に合わず、注文を受けお渡しする前に何か月かお待ちいただくお客様もいらっしゃいます。

しかし、オンラインショップでは、これまでベンチが売れたことは数えるほどです。

やはり木の質感や自然の曲線を生かした形状は、実物を見て、触らないと伝わらないのかもしれません。

 

 

一方、実店舗よりもオンラインショップで売れているのがアイアンバー。

これです。

IMG_0416

30cm~90cm  ¥400~¥1000

ホントによく売れます。

店装会社様(たぶん)から10本単位のご注文を頂くこともあります。

オンラインショップの中ではアイアン製の棚受けとの組み合わせで紹介しているのですが、実はアイアンバーに組み合わせる金具は他にもあるんです。

オンラインショップには出していないので、ここでご紹介いたします。

 

 

上から載せるタイプ。

IMG_0414

壁からバーまでそれぞれ6cm、3cmです。

取り外しが簡単ですが、外れやすい点もあります。

 

じゃ、外れにくいタイプ。

IMG_0415

 

 

そして、アイアンバーと組み合わせると便利なのがS字のフック。IMG_0441

左の7mm角は¥180。右の5mm丸は¥120。

上でご紹介したアイアンバーは横にずれ落ちないように両サイドに球状のものが付いていますが、その球が付いていないアイアンバーもあります。

これです。

IMG_0446

           ~40cm  ¥560

     40~60cm  ¥810

     60~90cm  ¥1170

  90~120cm  ¥1500

120~150cm  ¥1800

150~180cm  ¥2070

球付きのアイアンバーは30cmから90cmまで、10cm刻みの7種類ですが、球無しのアイアンバーは1cm単位でカットします。

じゃ、これはどのように固定するかというと、こんな金具があるんです。

IMG_0444

IMG_0445

 

 

そしてこの球無しバーには片方が閉じた変形S字フックが使えます。

IMG_0443

7mm角¥180。5mm丸¥120。

これだとS字フックもバーから外れることはありません。

 

以上オンラインショップに載っていない金具の一部紹介でした。  

ワタシの知らない砥石の世界

何年か前のブログにも書いた、木への思い入れがハンパじゃない美川の大工の棟梁、イズクラさん。

『天板の無いチェスト』

http://old.tubaki-ya.com/2012/03/post_210.html

設計から施工までほとんどひとり(&弟子ふたり)でやる珍しい大工さんです。

 

 

先日久しぶりに電話があって、こんなもんあるかと訊かれ、ちょうどいいのがあったので写真と寸法を送ると現物を見に来ました。

「無塗装のヤツある?パテもサンダーも塗装も、全部ワシがやる。」

というので翌日持って行きました。

 

ま、ちょっと上がってけや、と工場の2階の事務所でお茶タイム。

パテの材料の話から漆の話、それからいろいろあって砥石の話へ。

IMG_0340

上の写真の砥石は割れないように砥石の周りに麻布を巻いて漆で固めてあるそうなのですが…

その砥石の値段、左が30万、右が20万

ええ~!

右の20万のヤツは井波の欄間職人が買って行ったけど硬すぎて刃が負けるので使えない、と返品したものを買ったそうです。

「砥石は一に硬さ、二に商人」と言って硬いほどいいそうなのです。

「二に商人」て何ですか?と訊くと、砥石を触って実際に研いで、そのあと売り主の目をじっと見つめこいつはどれだけ乗っけてるか、計るのだそうです。

「大工にとってな、砥石を買うのは真剣勝負なんや。」

 

 

IMG_0342

で、コレが名倉砥(なぐらど)。

砥石を研ぐための砥石だそうで3万円。

ハハハ。ボク、最近は砥石を使わずに、円盤状の砥石がグルグル回る電動の刃研ぎマシン使ってますけど。

 

 

砥石にも名前があって前出の20万と30万のヤツが「栗毛」。

で、下の黒い模様の入ってるのが「烏」(カラス)。

IMG_0341

IMG_0343

ほら、カラスが飛んでるみたいでしょ。

 

このカラス、高そうですね~。

「いや、そんな高ない。4万や。」

厚みが薄いのは安いのだそうです。

十分高いですけど。

 

 

日本全国に砥石の採掘場はあるけれど、これらの高~い砥石は京都の本山(もとやま)というところでしか採れないそうです。

目の前に出された5本の砥石と3本の名倉砥はすべて仕上げ砥。

このほかにも中砥や荒砥があるんでしょ。いくつ持ってんですか?と訊いたら

「あそこにタンスがふたつあるやろ。あん中ぜんぶ砥石や。」

 

 

 

イズクラさんから聞いた話です。

那谷寺のお抱え宮大工だった〇〇さん(スミマセヌ、名前忘れました)。

その〇〇さんが買った砥石が500円。

それをいくつかに切って弟子たちに与えたそうです。

当時、500円で家が一軒建ったそうです。

 

ワタシの知らない砥石の世界でした。

 

「あ、そろそろ時間なんで帰ります。」

「ワシな、砥石も持っとるけどカンナはもっと持っとるで」

 

次回、『ワタシの知らないカンナの世界』を…

定休日

この仕事を始めたころは1年365日、店を開けていました。

正月も、お盆も、大晦日も。

朝10時から夜10時まで。

もちろんスタッフが交代で勤務していたので365日朝から晩まで働いていたわけじゃありませんが…

でも、正月に家で酒飲んでても、今 店やってんだよな、と思うと何となく落ち着かなかったもんです。

定休日が無いってことはいつでも休めるっていうことです。

いつでも休めると思うと、逆になかなか休まなくなっちゃうもんです。

そんな365日営業を8年やりました。

 

そして今の野々市に店を移転した機会に、週に一度はちゃんと休もうかと木曜を定休日にしたのです。

 

店はやってるけど、今日はオレ休みにすっか、というのと違ってもう完全に休み!というのはとても開放感がありました。

 

 

 

今年でこの店を始めてから17年。

当時30代半ばだったカミさんも五十路になりました。

 

オレたちももう若くないし、そろそろ週休2日にしようぜ。

ということで4月から毎週水・木曜日を定休日とさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますがご容赦くださいませ。

水曜日の納品は承ります。

 

                 つばきや 店主