ブログ

BLOG

星 新一



ムスコが学校の図書館から本を借りてきた。

運動も勉強もフツーのムスコだが、本を読むのは好きなようだ。

ちょっと前は はやみねかおる という作者の学園小説を、最近はコナン・ドイルのシャーロック・ホームズのシリーズにはまっていたが、今回借りてきたのは 星新一

DSCF8148

 

いや~、懐かしいなあ

和田誠さんの挿絵も昔のまま

ワタシも子どものころよく読んでました

 

 

 

 

ショートショートという、原稿用紙にして10数枚程度の小説形式で、最後は思わぬ結果になる。

面白かった。

夢中で読んだ記憶がある。

しかし、私が子どもの頃だから、もう40年以上も昔のことだ。

こんなにも長く支持されているのか・・

ところで、この本はいつ頃書かれたものなんだろ。

奥付を見ると〝2002年 初版〟とある。

なぬ!

結構、最近ではないか!

星新一はいったいいくつでコレを書いたのだ!

 

さっそく、『星新一』で検索してみた。

『星新一 公式サイト』をのぞいてみた。

それによると、星新一は1997年に71歳ですでに他界されているようだ。

奥付の〝2002年 初版〟というのは彼の書いたショートショートを再セレクトして作られたものを発行したからのようだ。

 

それにしても50年以上に亘って(商業誌デビューは昭和32年とある)子どもたちを魅了し続ける〝寓話作家〟(本人はこう呼ばれることを好んだそうだ)、偉大である。

DSCF8111

 

 

 

 

 

ウ〇コをするときも星新一を読み続ける・・

学校の勉強もこうだといいのになあ・・