ブログ

BLOG

コブラ食堂



以前、タイの陶器屋の社長に
「コブラ食ったことあるか?旨いぞ。オレは月に1回食ってる。」と、言われたことがありました。
その帰り道、ドライバー君に、コブラ旨いの?と訊いたらウマクナイと言ってましたっけ。

 

場所は変わってジャワでの話・・
カーゴ屋の女社長が「コブラ、おいしいわよ。お肌にいいの。」と言いました。

 

そんな話、こんな話を聞いてるうちにコブラ、食べてみたくなりました。

と言う訳で、ジャワのドライバー、デニさんが探してきたコブラレストランです。

DSCF7091

もうちょっと「レストラン風」を想像していたのに小さな店でカウンターだけ、5人も座ればいっぱいです。
おばさんがおもむろに布袋を持ってくると、中には何匹ものコブラが・・

DSCF7092

 

どれにする?って言われたけど、どれでもいいですう~

 

 

 

 

 

DSCF7094

 

そのコブラの生きのいいのにはびっくり!

シャーシャーいってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばさんが奥に声をかけると旦那さんが出てきてコブラをさばきます。

DSCF7098

 

淡々とコブラをさばく旦那さん

 

 

そして目の前に出されたのがコレ

DSCF7101

 

 

 

 

心臓と、肝臓と何か(説明してくれたけどよくわかりませんでした)です。
心臓(まん中のピンクのヤツ)なんか、トクントクン動いてるんですぜ!

 

DSCF7097 その心臓と、肝臓と何かと生き血をワインに入れて一気飲み。
別に一気に飲まなくてもいいんだけど、舌の上にあのトクントクンが残ったらやだな、と思ってゴックンしました・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7103

肉はトマトとにんにくといためて、ケチャ・マニスと呼ばれる甘辛い溜り醤油のような調味料で味付け。

味は、と言えば・・

 

 

 

 

DSCF7107
甘じょっぱいケチャ・マニスの味です(当たり前か!)。
食感は硬い鳥の皮、といった感じ。

 

けしてうまいもんじゃありません・・

 

 

 

ワタシとドライバー君の2人前で4万5千ルピア。約450円。安!!

5万ルピア出して釣りはいらないよ、と言ったらおばさん喜んでもう一匹もって来てワタシにつかめ、というのです!
どうやらワタシがコブラを持ったポーズを、ワタシのカメラで取ってやる、という事らしい。
大丈夫か!?
「ノー・プロブレム!」というオバサンの言葉を信じてやってみましたよ。

DSCF7105

ところがこのコブラ、ムチャクチャ元気が良くて、口をパックンパックンいわせながらワタシに向かって攻撃してくる!

あまりにハゲシク動くので、持ってる場所が尻尾のほうにずれてきてなんとなく危ない感じ!

オバサンがすかさず取り上げてくれたけど、次の瞬間オバサンの手の甲にコブラの牙が食い込んだ!!

ワタシとドライバー君がアタフタしていると、おばさんはニッコリ笑ってコブラの頭をつかんで牙を抜いた。

どうやら客に持たせるときはコブラじゃなくて、毒の無いヘビを使うらしいのですが・・

なにがノー・プロブレムだよ!