ブログ

BLOG

蹄鉄留め



私がこの商売を始めたのは平成9年の3月ですから、もう12年前のことです。

当時はアジア各国から輸入した雑貨や家具と〝ミリタリー〟を売ってました。
その頃はファッションとしてのミリタリーが流行ってたんです。
迷彩柄のパンツやカーキ色のコートなど今でもミリタリーっぽい衣料は健在ですが、当時、私の店で扱っていたものはヨーロッパの軍で実際に使われていたもの。
といっても、戦闘に使われていたものじゃなくて、訓練用だったり、事務服だったり、通信用のカバンだったりといったもの。USEDも新品もありました。

仕入先は静岡の輸入会社、M社。
浜松にあるその会社の倉庫までよく仕入れに行ったものですが、よくぞこんなものまで、というものが大きな倉庫に所狭しと積まれていました。

その後、自分で仕入れた(輸入した)物だけを販売する、というスタイルに変えていったので、M社との取引は無くなりましたが、先日ふと思い出し、10年ぶりにTELしました。
当時、担当していただいたSさんもご在籍。ヨカッタヨカッタ!

 

ココは面白い掘り出し物があるんですよ!!

たとえばコレ・・

箱入り

スイス軍が使っていた馬の蹄鉄を留める釘です。

こんなもんなにすんのー、と思うでしょ。

コレはアレですよ、壁や柱にコンコン打ちつけるとオシャレなフックになるんです。

玄関の壁にコンコンすればコート掛けや帽子掛け、脱衣所の柱にコンコンすればタオル掛けです。

1940年

 

スイス軍の倉庫から出てきたデッドストック。
未使用品ですが1940年製造(69年前!)です。

 

 

 

 

 

頭アップ

 

釘のヘッドの部分にはスイス軍の十字マークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

とりあえず100本仕入れたんですが、いずれ無くなっちゃうもんだしもうちょっと買っとこうかな・・

 

1本100円!