ブログ

BLOG

薬袋



うちの雑貨は、入荷が年に数回なので〝葉境期〟がある。

次の入荷までまだ時間があるが、もうすでに前回入荷の商品は出し尽くしてしまった、という時期だ。
そんな時お世話になるのが県内や、近県の古物業者さん。

 

先日、氷見まで配達に行ったついでに、ある古物業者さんによったら寄ったら面白いものがあった。

DSCF6122 DSCF6121

 

 

 

 

 

 

おそらく昭和30年代の、置き薬の袋。

その日は売薬さんの背負い籠や薬棚などがいくつもあった。
1ヶ月ほど前に来たときには無かったものだ。
最近、閉業した売薬さんの蔵から出てきたものらしい。
背負い籠の底に敷かれていた新聞紙は、日付が昭和31年だった。

DSCF6120

DSCF6123 DSCF6124

 

 

 

 

 

 

レトロなデザインが妙に新鮮に映る。

4枚 100円