メンテナンス

MAINTENANCE

塗料について



塗料には大きく分けて 1.「表面に膜を張るもの」と、2.「塗装物に染み込むもの」があります。
1.の「表面に膜を張るもの」の代表はペンキです。
ペンキは木に塗っても、鉄に塗っても、プラスチックに塗っても同じ色に仕上がります。

つばきやでは木材の木目や節などをきれいに見せたいので 2.「木材に染み込むもの」、染料(ステイン)を用いて塗装しています。

木には元々の色があります。
同じ樹種でも部位によって赤味が強いところや白味が強いところがあります。
同じ色の染料を用いても仕上がりはそれぞれの木の持つ色調に左右されます。
色調の違いは木の持つ個性です。
色見本と、実際の商品の色には若干の違いがあることをご理解ください。