イベント

EVENT

松川けんし ブリキ展



ワタシとカミさんが結婚したとき、カミさんの友達が結婚祝いに贈ってくれた1枚の絵。

それが、松川けんしさんの絵でした。

もう、10数年前の話です。

今回、その友人を介して松川さんにギャラリー展示のお願いをしたのですが、お会いしてビックリ、とってもメジャーな方でした!知らなんだ・・

たとえば・・

DSCF6008 

 

 

今秋のJALの機内誌の表紙も松川さんのイラスト。

 

そんな人がわざわざウチのようなちっぽけなギャラリースペースのために、神奈川からやって来てくれました。

それも、10月8日、台風18号直撃の日に!

2時25分羽田発の飛行機が3時発になり、ついには5時発になりました。

携帯電話をお持ちでない松川さん(ウラヤマシイ・・)、空港の公衆電話から何度も連絡をくださり大変だったでしょうね。

 

翌9日は、朝から松川さんご自身が作品の展示作業をしてくれました。

DSCF6001

松川さん、本業はイラストレーターですが、今回はブリキの作品。

DSCF6005 DSCF6006

 

 

 

 

 

 

DSCF6010

DSCF6011

 

 

 

 

 

 

DSCF6012DSCF6013

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

写実的ではないのに、今にも動き出しそうな躍動感。
60過ぎのオジサン(失礼!)が作ったとは思えません!

ギャラリーの壁には大小さまざまなブリキの蜘蛛が歩いています。
車に轢かれてペッタンコになった蜘蛛もいます。

あなたも不思議な松川ワールドをのぞきに来ませんか。

かわいい作風と対照的に、酒が強く、豪快にダハハと笑う松川さんのブリキ展は

10月10日~18日まで。

9日間の短い日程なので、お見逃しのないように・・

 

「最初は(石川に来るのが)めんどくさいなって思ったんだよ。でも、野々市はディズニーランドよりおもしろいな。」
気に入ってくれたようでヨカッタヨカッタ・・