ブログ

BLOG

若い方のトシ



今回の出張時、ジャワのドライバー、デニさんがこう言った。

「私は今年、45歳になった。初めてトシのドライバーをやったのは30歳の時だからもう15年になる。」

ってことは、ワタシは40歳だったのね・・・

 

 

いつも家具の取っ手金具を買う店の伝票が、手書きからPCのプリントアウトになった。

「へ~、パソコンでプリントアウト!バグ~ス!」

とほめて(?)やると、彼らは照れ笑いをした。

その印字された伝票を見ながら、え~と、これが型番で、これが数量で、あ、数量のところの小数点以下「.00」はいらないんじゃないの、合計金額がこれで・・とチェックしていたら顧客名のところに

〝Mr.Toshi Muda〟

と書いてある。

1

〝Toshi〟はワタシの名前、〝Muda〟 は〝若い〟だから 『若いトシ』 と言うような意味だろうか。

コレ、どーゆー意味?と訊いたら顧客の中に日本人のトシがもう一人いるらしい。

ということは、もう一人のトシは私よりも年配なのだろうか。

そのことを尋ねたら、いやもう一人の方が若い、と言われた。

じゃ、なんで?

まだ扱いの慣れていないPCに Mr.Toshi と入れたら Muda の方までくっついてきたらしい。

ゴメンナサイ、と苦笑いする彼らの顔がおかしかった。

 

 

先日、家のそばをランニングしていたら公園からボールが転がってきた。

『交通公園』と呼ばれる小さな公園で、歩道に面したところはフェンスの代わりに生垣が茂っている。

その生垣の間からポンポンと弾みながら転がってきたボールは、そのまま行くと歩道を超え車道に出てしまう。

とっさに足で止め、拾った。

幼稚園児らしい女の子がボールを追いかけてきたので渡してあげた。

女の子は公園に戻り、生垣の向こうにいる、たぶん母親にこう報告していた。

「おじいちゃんに拾ってもらった」

 

 

まだ見ぬ若いトシ君。

君がいくつだか知らないが、15年前のワタシのように手探りで、でも少しづつ経験を積み、仕事を憶えてゆく喜びを感じているんじゃないだろうか。

オジサンもがんばるから、若いトシ君もがんばれ。