ブログ

BLOG

おじいちゃんたちのスゴ技



ちょっと前の話になるけれど、知り合いの木工屋が廃業した。

兄弟二人でやっていた『森照明』という木工屋で、照明を専門に作っていた。

兄弟といってももう高齢で、お兄さんが施設に入り、それを機に廃業を決めた。

ツバキヤマさん、材量とかたくさんあるけれどいらんかね、と声をかけてもらい取りに行った。

思ったよりも大量の在庫があって、ウチでは使いきれないので知り合いの大工、イズクラさんに声をかけた。

イズクラさんは2トントラックで来たが、1回では積み切らず2往復した。

森さんはただで持ってっていいよ、と言ってたけどイズクラさんはお金を払ったらしい。

ああいうところ義理堅いんだよな、あの人。

照明屋なので乳白色のアクリル板もたくさんあって、珠洲の建具屋さんが取りに来たけど、うちじゃこんなに使いきれないと言って半分くらい持ってった。

森兄弟はこれからどれだけ作るつもりだったんだろう。




完成品の照明もいくつかもらった。

そのひとつがコレ。

何かのコンテストに出すために作ったのだけれど、結局出さなかったらしい。

森兄弟のおじいちゃんたちはすごい技術力を持っている。

9mmの角材を組み合わせてこの照明を作った。

細い角材を交差させるのってむずかしいんだぜ。

そうそう、9mmの角材を切り出すのはこの材木から。

米杉の特等品。希少な柾目の板。

そしてすごいのがココ。

灯は点いているけれど配線が見えない。

どこから配線が来てるのかというと…

9mmの角材の中を通ってきている!!!

「こんなのもらっていいんですか?」

と訊いたら

「残ったら廃棄しちゃうんだからもらってって」

と言われてもらってきた。



兄弟ふたりの木工屋だから弟子はいない。

だからあのスゴ技は誰も受け継がない。


森照明の作業場と倉庫の跡地にはもう新しい住宅が建っていた。