ブログ

BLOG

箱・その2



TVボードのデザインはデッキの形状にホンローされてきたのです。

下の写真はワタシが20年ほど前、最初にデザインしたTVボード。

今は天板と本体の間の隙間にデッキが入っていますが、20年前はVHSのビデオデッキ。

VHSのビデオ用のデッキは大きく、上の写真のカゴやら何やらが入っているスペースがデッキの収納場所だったのです。

技術の進歩とともにデッキは次第に小さくなり、そのうちビデオからDVDに代わりさらに小さくなっていきました。

ビデオのころは横幅50cm必要だったデッキの収納部分は、デッキの小型化とともに小さくなりやがて30㎝もあれば十分になりました。

デッキの収納部分が大きなTVボードを見ると「古いデザインだな」と思ったもんです。

こうして『デッキ小さい期』はしばらく続きましたがある時、あいつが出てきたのです。

あいつの名は〝ブルーレイ〟。

ブルーレイのサイズはW430㎜。

30cmのデッキ収納部分には入らないじゃないか!!

ブルーレイが出てからはデッキの収納部分がコンパクトなTVボードを見ると「古いデザインだな」と思ったもんです。

そうしてTVボードのデッキ収納部分はまわりまわってW450~500mmになったのですよ。

ところが。。。

今度はデッキ内蔵型のテレビが出てきたのです。

「デッキの収納部分はいらない」というお客様もいらっしゃいます。

金沢のM様もそのおひとり。

今 つばきやで一番売れているTVボードは下の写真のもの。

ガラスがスライドする部分にデッキが収納されるのです。

M様からは、そこに収納用の箱を作ってほしいとのご依頼をいただきました。

そこで思いついたのが、以前『1の1』に収めた陳列棚用に作った箱。

(『箱』)https://tubaki-ya.com/case/1206

あれをTVボード用にアレンジしてみよう。

ということでできたのがコレ。

素材はTVボード本体と同じマホガニー。

ああ、まとまったなあ。

天板と箱を濃い塗装にしてツートンにしても面白いかも。

箱にはアクセントに『1の1』の収納と同じく〝契り〟を入れてみました。

この箱、これからも需要があるような気がしてたくさん作っちゃった。