ブログ

BLOG

ふたりのダイニング



食事をするときの、一人当たりのテーブル面積は幅60cm・奥行き40cmといわれている。

4人掛けのテーブルの場合。幅は60×2で120cm、奥行きは40×2で80cmになる。

W120×D80 のテーブルが、ぴたり4人掛けのテーブルなのだ。

しかし、部屋のスペースに余裕があり、もう少しゆったり座りたいな、というお客様にはW140×D80のテーブルをご用意している。

そして、その上のサイズは6人掛け、つまり横幅は60cm×3で180cm。

奥行きは40cm×2で80cm。180×80のテーブルである。

つばきやで常時ご用意しているのはこの3サイズなのだが、もっと大きなテーブルのオーダーを頂くこともある。

先日もあるお客様から200㎝×90㎝のテーブルのオーダーを頂いたので、ついでに(?)3台作った。

8月に入荷する予定。

 

一方、最近リクエストを頂くことの多いのが二人用のダイニングテーブル。

これから家庭を築く、という方や、これまで座卓で食事をしていたがテーブルに替えたい、という若いご夫婦からのご相談である。

しかし、家族が増えたらどーすんの?と思うでしょ。

彼らはちゃんと将来のコトも考えている。

数年後、子どもが生まれ家族が増えたらもう少し広い住居に移る。

そして、家族で食事のできるテーブルを購入し、今まで使っていた二人用のテーブルは自分の机にする、あるいは子供の学習机として使う。

 

そんなお話を伺って、ワタシが考えた二人用のダイニングテーブルです。

DSCF8106

 

横幅は110センチ。

通常の4人掛けよりも10cm短いだけ。

この110㎝をひとりで占有できるのだから、かなりユッタリである。

一方、奥行きは70センチ。

前に座っている相手との距離が通常のダイニングよりも10cm、近い。

親密な相手との、会話を楽しみながらの食事のできるサイズなのです。

 

DSCF8107

 

将来、デスクとしても使えるように片側に小さな引き出しをひとつ。

ダイニングテーブルとして使っているときにはお箸やスプーン、小皿を入れておいても便利です。

 

 

DSCF8108

 

最近ではフローリング材も節のあるものが好まれています。

無垢材のナチュラルな風合いを出すとともに、コストダウンをはかるためこのテーブルも節のある部材を使っています。

 

 

「どお、おいしい?」

「ウン、すごくうまい。」

「今日、会社でさ・・」

こんな会話、相手との距離が80cmと70cmでは全然違うのですぞ。

つばきやで座ってお試しあれ。

 

しかしなあ・・こんな頃はテーブルなんか無くても、段ボール箱の上でメシ食っても楽しいんだよな・・

 

二人用ダイニングテーブル

W110×D70×H73

¥34600 (¥36330)

DSCF8109

 

 

塗装色は10種類、取っ手は34種類の中からお選びください。