ブログ

BLOG

ケーキサーバー



骨董市場ってのは、小さな店がたくさん集まってるんですが、それぞれの店は自分の得意分野を持ってるみたいで、いつも同じようなものを扱っているのです。

たとえばガラスのビンやグラス系のものを扱っているところ、使い古しの布ばかり売っている店。

古い秤(はかり)や、その秤に使う分銅、昔使われていた炭を入れて使うアイロンを売っている店はその3つしか扱わず、いつ行っても商品アイテムは3つだけ(数はたくさんあるんですが・・)。

 

そういった店の中に食器を中心に扱う店があります。
食器といっても、縁が欠けたような皿なんかばっかりであんまり食指を動かされるものはないのですが、時々カトラリーのよさげなのが出てくることもあります。

そこで見つけたのがこのケーキサーバー・・

DSCF7821

ホールのケーキを放射状にカットしたものを、サーブするときに使うものです。

カトラリー類っていうとスプーンやフォーク、お玉が多いのですがこのケーキサーバーは珍しい・・

 

DSCF7822 

ケーキを載せる部分には5弁の花の模様が彫られています。

材質は何なんでしょうか・・
真鍮にしては白いし、値段からして銀って事も無いと思います。

 

 DSCF7826

持ち手の裏側にはメーカー名と思われる刻印が施されています。

 

経年のため、黒ずみが出ています。
こんな感じを〝いぶし銀〟というんでしょうね(銀じゃないと思いますが・・)。

 

 

個人的に甘いものがダメなワタシは、こんなケーキサーバーでケーキを頂く、なんてことはまずほとんど無いと思いますが、「姿」は好きです。

 

2千円