ブログ

BLOG

髭剃り



DSCF6971

古びた真鍮の小箱。

サイズは小さなデジカメくらい。

箱の正面の小さなでっぱりを押すとふたが開き、これまた真鍮製のひげそりがせり上がってきます。

ところで、〝ひげそり〟といったら、オッサンくさいと言われました。
シェーバーと言うんだそうです。

ケッ!

DSCF6972

内側にはもともと紫のビロードが貼ってありましたが、ところどころ擦り切れて、色もはげていてちょっとみすぼらしい・・

ということで、ビロードを剥がし、黒のなめし革に替えました。

 

DSCF6975

持ち手のつまみを回すとヘッドの部分がはずれ、市販のカミソリの刃がセットできます。

わざわざ真鍮製の箱に入れられた髭剃り、旅行用品だったのでしょうか・・

6千円

 

 

ところでベストのことをチョッキという人、スプーンのことをサジという人、手ぇ挙げてー。