ブログ

BLOG

寝言。



息子のシンタは寝言を言います。

大きな声で、はっきりと(宿題の音読もこうだといいのだけれど・・)、そして突然に。

 

ある時、「おとーさーん!」という声で目が覚めました。
夜中です。
まるで交差点の向こう側にいるワタシを呼ぶくらいの大きな声で・・
当の本人はスヤスヤと寝ています。
楽しい夢なのか、悲しい夢なのか、その寝顔からは計れませんでした。

 

 

1週間ほど前の朝方の寝言です。

「あ~!ぜんぜんわからん!」

「あ~!」の部分は半泣きです。
コイツ、学校の勉強ついていけてないのかもな・・
しょうがありません、遺伝だから・・

 

朝食のときに、どんな夢見たんだ、と訊くと

「夢、見んかった」

と言ってました。