ブログ

BLOG

漆塗りの膳と椀



時々、古民具などを仕入れる富山の古道具商に、以前から気になるものがありました。

お膳の上に、椀や皿がセットになった、アレですよ、時代劇で旅人が旅籠で飯を食べるときに使われるヤツ・・
女中さんが横に座って、ご飯をよそったりするヤツ・・

DSCF6754

DSCF6752

 

 

先日、やっと仕入れてきました。

下条村の山田竹松さんが作ったものなのか、山田竹松さんが注文主なのかわかりませんが、大正4年ですよ!90年以上昔のものです。
もちろん、漆塗り。

 

 

「弐十組」と書いてあります。この箱には5組入っていたので、同じような箱が4つあったんでしょうね・・

DSCF6758

 

そのうちの、3番目の箱、という事でしょうか・・

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6755

椀や皿などの器は、ほぼきれいな状態で出てきましたが、中には割れやひびのあるものもあります。

膳はほとんどダメでした。

 

 

 

 

箱から出てきたのは5組10客の膳と、50個の椀や皿。

DSCF6760

思ったよりたくさん入っていたのね・・・
これらはセットではなくバラで売ろうと思っていましたので、これだけたくさん入っていたのなら、けっこう安い価格で売れますよ・・

という事で、気になるお値段は・・

蓋つき椀 1,000円
椀 500~700円
汁椀 500円
皿 400~700円

どうだ!

 

DSCF6761

欠けのあった汁椀を試しにふたつに割ってみました。

木目のきれいな木地が出てきました。