ブログ

BLOG

手強い相手



ジョグジャカルタの郊外にあるヤクム・クラフト。

クリスチャンの団体が運営する手工芸品の工房です。

DSCF5088

そこで作品を制作しているのは身体に障害を持つ人々。

4階建ての作業棟に約60人の職人さんたちが働いています。

20年前、6ヶ月間日本に滞在したことがあるというシスター・イヴァに案内され、各フロアを見学させてもらいました。

健常者に勝るとも劣らない仕事ぶりに感心させられました。

中でも、手の不自由な職人さんが足で見事に工具を操る様には驚かされました。

DSCF5279

構難しい
結木製のパズル

その工房で作られている木製のパズルやフェルトでできた教育玩具はユネスコを通じて世界各国で販売されているそうです。

身障者の方が作ったから、というのではなく、商品そのものに魅力を感じたので仕入れてきました。

たくさんの種類の中から気に入ったものを選び、さて最後に値段の交渉です。

DSCF5278

フェルト製のABCブック

英語力の貧しさを痛感します

いつもならシビアにディスカウントを要求するワタシですが、シスターの「あなた方の助けでこの施設を運営することができます」という言葉にワタシの矛先も鈍りました。

ワタシから代金を受け取る時に「主のご加護がありますように・・」と言ってニッコリ微笑んだシスター・イヴァ。

数ある私の取引先の中で最強のネゴシエーターかもしれません。

すべて手作りのパズルや玩具、種類も豊富に揃って店に並んでいます。

DSCF5280

もちろん、価格もユネスコ価格より低く設定しています。

車輪と正方形の“荷物”が接していて列車を動かすと“荷物”がクルクルと回ります

1,200円(税込)~