リクエスト

毎年、お盆期間中は営業するつばきや。

今年も、ヒマな日もあったが案の定、昨日は大忙しだった。

そして今日、8月19日から22日まで4日間の夏休みです。

今月は月末に商品が入荷するので、それまでに帰って来なければならない。

時間が無いのでバリには寄らず直接ジャワへ。

 

 

ジャワのドライバー、デニさんは大の日本好きです。

テンノーの住んでいる城はショーグン・トクガワの城だった。

ネツケ(根付)はいくら位するのか。

セイコーとカシオはどちらが高いのか。

街を走っている日本車を見ると「アレは日本でも走っているか?」

なぜこんな質問をするかというとインドネシアで最もポピュラーなファミリーカー、トヨタの『キジャン』は日本で売られていないから。

 

 

以前はヒトミ先生という日本の女性がやっていた日本語教室に、少しだけ通っていたことがあるデニさん。

しかし、ヒトミ先生がご実家の事情で日本に帰ってしまったので、簡単なあいさつ程度の言葉しかしゃべれない。

ジャワでは会話の最後に、たとえば朝の会話なら最後に「スラマッパギ(おはようございます)」と言うことがある。

だから彼も

「トシ、今日は何時に迎えに行ったらいい?わかった。では9時にホテルのロビーで待ってます。オハヨーゴザザイマスー。」

と言って電話を切る。

 

 

日本好きのデニさんは日本のモノを欲しがる。

毎回こういうものを買ってきてほしい、というリクエストがある。

金は自分で払う、と言う。

ある時はセイコーの腕時計。予算は100万ルピア(約1万円)だった。

中古でいいといった。

さいわい我が家の近くには大きなリサイクルショップが3軒ある。

が、予算内の物でセイコーはなかなかない。

何回か見に行ってやっと見つけた。7980円。

保証書には3か月前の販売店のスタンプが押されている。

新品同様じゃないっすか。

 

 

前回は〝メンインブラックの中でウィル・スミスがかけているような〟サングラス。

予算は30万ルピア(約3千円)。

しかもメイド・イン・ジャパン。

千円でお釣りの来るサングラスはいくらでもあるが、ほとんどは中国製。

日本製のサングラスなんてメガネ専門店にでも行かなきゃないだろ。

でも、予算内には収まらないだろな。

なんて思っていたら、偶然通った高速道路の鯖江パーキングエリアに売っていた。2980円。

鯖江はメガネフレームの生産量が日本一。

鯖江PAでは無料のメガネ洗浄サービスや、視力診断なんかもやっていた。

 

 

23日からの出張が決まってデニさんにメールした。

「24日の11:50にソロの空港に着く。便名はSQ11。迎えに来てくれ。」

5分後に彼から電話がかかってきた。

了解した。もうすぐ会えることが嬉しい。と、ひととおりの会話の後、今回のリクエストが告げられた。

『漢字の書かれた帽子』。予算30万ルピア。

バリのテガラランの問屋街には、よく〝禅〟と書かれたタペストリーのようなものが売られているが、あんな感じか・・・

彼のイメージとワタシの頭の中に浮かぶものは、はたして同じものなのだろーか・・・

だんだん難易度が上がっていく。

今年もお盆は営業しています

北陸もやっと梅雨が明け、日本中が夏になりました。

と思ったら、来週はもうお盆です。

大人になって感じることのひとつは夏が短くなったな、ということ。

子どものころの夏はもっと長かったような気がします。

 

盆が過ぎると秋風が吹き始め、草むらからは虫の声が聴こえます。

 

さて、お盆期間は、つばきやは例年通り営業いたします。

お休みはお盆明けの19日(月)~22日(木)まで。

石川に帰省されるお客様とお会いできるのを、楽しみにしています。

                                 店主

Qちゃんはすごい。

ワタシは大学生のころ空手部で、夏の合宿の途中、千本腹筋という恒例行事があった。

ある日の午前の練習の時に、二人一組で足をからませ、先輩の号令に合わせて1000回腹筋運動をする。

その〝号令に合わせて〟というのがクセモノで、号令に先走ってはいけないのだ。

最初のうちは気力体力とも充実しているので、号令が聞こえると「エイッ!」気合を入れて上体を持ち上げる。

しかし、何百回も続けているとつらくなり、惰性で体を持ち上げるようになる。

それを見計らったように号令係りのクロセ先輩は「ろ~く、ひ~ち、・・・」と言って、はちを言わない。

はち の号令がかからないのに思わず上体を持ち上げてしまう者がいる。

そうすると、しっかり号令を聞いていなかった、という理由でそれまでの7回はカウントされない。

連帯責任なので、全員がやり直しである。

ああ、7回分がもったいない。

クロセ先輩はなるべく後輩に精神的ダメージを与えたいので、とかとかとか、後半の方でわなを仕掛けてくる。

我々下級生もそれをわかっているので、後半は号令に神経を集中する。

すると、クロセ先輩は前半のくらいでアレをやる。

ま、そんなこんなで千本腹筋といいながら結局は1100回くらいの腹筋をやるのだ。

 

午前の練習が終わり、昼食をとってから午後の練習までのつかの間の休息。

ワタシは同期のマンネン君と浜に出て、海を眺めた。

斜路(陸に上がっている舟を海に下ろすための斜面)に座っていたワタシはごろりと寝転がって空を見ようと重心を後ろに持って行った。

すると、バタンと倒れ後頭部を斜路のコンクリに強かにぶつけた。

腹筋がバカになっていて、身体をゆっくりと倒すことができないのだった。

 

 

先日、ある雑誌でQちゃんこと高橋尚子さんと、往年の名ランナー、瀬古利彦さんの対談を読んだ。

マラソン選手は脚力ばかりではなく、体幹(腹筋や背筋、側筋など)も鍛えなければいいタイムが出ない、という話になった。

高橋 「瀬古さん。補強運動はどうしてました?」

瀬古 「腹筋とかってこと?」

高橋 「ええ。私は毎日2000回腹筋してました。」

瀬古 「え!?2000回?」

高橋 「朝に1000回、夜に1000回です。」

瀬古 「!!!???」

 

最近、ビックリした話です。

つばきやのベンチ

 「椅子に座る」 という言い方をしますが、本来「座る」とは床や畳に直接腰を下ろすことだそうです。

では、椅子の場合はどんな言い方をするのでしょうか?

椅子には 「腰掛ける」 というのが正しいそうです。

椅子は明治以降、日本に輸入されるようになりました。

庶民の生活の中に椅子はありませんでしたが、身分が高い人はその身分により使用区分が決まっていた〝腰掛け〟があったそうです。

たとえば天皇や皇太子が用いたのは 御倚子 (ごいし)と呼ばれ、背もたれ、肘掛けが付いていました。

 

では、庶民には 「腰掛ける」 という動作はなかったのでしょうか。

いえいえ、 〝縁台〟というものがありました。

屋台の前の縁台に3~4人が並んで腰掛け、世間話をしながら蕎麦をたぐる。

夏の陽が落ちたころ表に縁台を出して、うちわ片手に夕涼みに、ちょいと腰掛ける。

縁台は庶民の間で活躍していたのです。

 

 

ところで縁台を英語にすると Bench.。

つばきやの定番商品、一枚板のベンチは現代の縁台です。

ベンチには様々な形がありますが、つばきやのベンチは一本の丸太をスライスして、それに四本の脚を付けたシンプルなもの。

丸太を切っただけなので太さもまちまち、形も同じ物はありません。

それではこのベンチ、どうやって作るのかご紹介します。

 

 

 

ジャワの古い街、ソロから車で一時間ほど走ったところに 「セレナン」という村があります。

このセレナンを「家具の村」として発展させようと日本のNGOが支援をしています。

つばきやの家具を作る工場はこのセレナンにあります。

その工場の隣にある製材所。

丸太を5㎝厚の板にスライスします。

2013-06-05 10.59.20

その板と脚が段ボールで巻かれ、送られてきます。

2013-05-06 17.13.54

このパッキンには3台分の天板と脚が包まれていました。ほぼ丸太の重量です。

 

天板は長さによって分けられ、風通しの良いところで追乾燥します。

2013-04-16 15.43.35

脚です。

2013-05-12 15.48.58

乾燥した板の、皮をグラインダーで剥き、座面をサンダーで磨きます。

2013-04-23 14.19.19

後は塗装するだけ、という状態のものを店内に並べ、お客様に選んでいただきます。

どうですか。いろんな表情の板があるでしょ。

2013-06-26 16.25.13

お客様がお選びになった板の裏のホゾにボンドを塗り、脚を打ち込みます。

2013-04-16 17.00.11

念のためダボを打って固定。

今日の作業はここまで。

2013-04-16 17.12.28

翌日、着色しウレタン塗装を施し、完成です。

2013-06-26 17.37.24

このベンチ、ダイニングテーブルとセットでお買い求めになるお客様が多いのですが、昔の縁台と同じく私たちの生活の中の様々な場面で活躍することのできるものです。

用途に合わせ、高さの調整(脚のカット)も無料で承ります。

とりあえずの新商品

新しい家具が入荷してもうすぐ1カ月が経つっていうのに、オーダー家具の製作に追われ新商品がひとつも店頭に出ていません。

明後日からの出張の前になにか一つはお見せしたいな、と作ったのがコレ。

2013-05-28 13.32.52

以前、あるお客様がご自宅の小さなテーブルというのでしょうか、台とでもいうのでしょうか、それをお持ちになり天板を無垢板に替えてくれませんか、と言われました。

鉄の脚の上に載っている天板は化粧合板の周りにステンレスの縁取りをした、むか~しの感じがするやつです。

その天板を外し、マホガニーの無垢材を古材風に加工して取り付けてみるとあ~ら不思議、すごく雰囲気のある台に変身したではありませんか。

お客様もとても喜んでいらっしゃいましたが、ワタシも新商品のヒントにさせていただきました。

 

前回の出張で鉄工屋さんにそれと同じ脚を作ってもらい、その脚は塗装せず、裸の鉄に酢酸を塗っておくよう依頼しました。

コンテナに積まれ、ワタシの手元に来るまでの一ヶ月で鉄の脚は酢酸の作用で錆びます。

その錆をスチールウールとラッカーで落とし、シリコンスプレーで錆び止めをします。

2013-05-27 17.34.56

そして古木風に加工した天板を取り付けると出来上がり。

天板も何枚か作りましたので、お好きなやつをお選びください。

2013-05-28 13.33.09

2013-05-28 13.33.14

W40×D30×H63

¥9800(税込)