ハナ2号

ハナを送った斎場からの帰り路、シンタが訊いてきた。

「お父さん、次の犬 飼ってもいい?」

なぬ?もう?

長年連れ添った奥さんと死別したあと すぐに若い後妻をもらうようでやだな、と言うと、ゴサイってなに?と訊かれたが・・・

「お父さん!もらってやらないと処分されちゃうんだよ!」

よくよく話を聞いてみると、こういう事らしい。

捕獲された捨て犬や迷い犬が殺処分される前に引き取り、里親を探す 『石川ドッグレスキュー』 というボランティア団体がある。

そこで待機している犬を引き取りたいという。

ハナの死に触れて、命が失われることに敏感になっているのかもしれない。

もらってやらないと処分されちゃうんだよ。

大義名分ですよ、それは。

逆らえません。

実際にはボランティアの方が引き取っているので、処分されることはないが・・

 

しかし、処分される(と思っている)犬を救いたい一心の子どもと違い、大人には一抹の不安もある。

どんな犬かわからない。

子犬ではない、成犬なのだ。

そのことをカミさんに話すと

「お試し期間というのがあって、2週間預かって、それから返事をすればいいの。相性が悪いってこともあるし。」

ははあ~ん。

シンタのドッグレスキューの情報源はコイツだな・・

 

ドッグレスキューから犬を引き取るのにはいくつかの条件がある。

まず、家族全員の同意があること。

ワクチン接種、健康診断、フィラリア予防など基本的に必要なことの費用を負担すること。

犬を引き取る家庭が、犬を飼える環境にあるかどうか、etc…

 

 

5月9日。

ドッグレスキューのオオヤさんがその犬を連れてきた。

カミさんとシンタは前日に会っているが、ワタシとは初対面。

なんと・・・驚くほどハナとクリソツ!

さっきこの犬を見たフジタも

「マジ! うっそ~!」

と、30過ぎとは思えない表現で驚いていた。

はな

シンタは、「ハナの生まれかわりだ」と言い、カミさんは、ハナが引き合わせてくれたと言う。

ワタシは神がかり的なことは信じない性質だが、何かの縁なのでしょうなあ・・

〝スミレ〟という名前だが、新しい名前を付けてもいいそうなので〝ハナ〟にした。

今は「ハナ」と呼んでも耳をピクと動かすだけだが、そのうちに反応するようになるだろう。

捕獲され、処分場に何日か入れられていたので少々オドオドした感じがする。

思えば死んだハナも我が家に来たばかりのころはいろいろなことに敏感で、眠っている姿を見たことがなかった。

 

今朝はハナと初散歩。

推定5歳のハナは元気で、1時間、約6キロの散歩をぐいぐいとリードを引っ張りながら歩いた。

途中、公園でゲートボールの準備をするお年寄りたちを眺めながらベンチで一休み。

昨日は身体を触らせてくれなかったハナも、今朝は頭を撫でさせてくれた。

ムスコのGW

4月24日に我が家の犬、ハナが立てなくなった。

起き上がろうと足をバタバタ動かすのだが、うまくいかない。

手を添えて立たせてやっても左へ倒れてしまう。

眼球が小刻みに左右に往復している。

動物病院へ連れて行くと前庭疾患と診断された。

三半規管からの信号がうまく脳に伝わらないそうだ。

原因がわからず根本的な治療法もないそうだが、症状を緩和する注射を打ち、薬をもらった。

 

翌日、眼球の動きも治まり、なんとか自立でき、よたよたと歩けるようになったが1日のほとんどを寝て過ごすようになった。

薬も、最初は大好物のカステラの中に埋め込みだましだまし食べさせたが、そのうち食べ物も口にしなくなったので包丁で砕き、水に溶かし、化粧品用の注射器型のスポイトで飲ませた。

昼間はおじいちゃんおばあちゃんの家へ〝持って〟行き、夜はカミさんが抱いて寝た。

GWに入るともう動かすのが可哀そうになり我が家に置いておくことにした。

昼間はワタシもカミさんも仕事なのでムスコが看ている。

寝たきりなのだが、時々ネコのような奇妙な声を出す。

ムスコの観察によると水を飲みたいときか、寝返りをうちたいときか、便をしたいとき(何も食べていないのに二日に一度くらい少し出るのです)に声を出すらしい。

 

ムスコと本屋へ行き、何冊か本を買った。

「オレ、ゴールデンウィークはどこへも行かない。」

と宣言し、ハナの横で読書をすることに決めたそうだ。

__

 

 

元気で、賢い犬だった。

林道を散歩している時にカモシカに遭遇すると、山の中を追いかけて走った。

2メートルくらいの垂直な崖を駆け上った。

有松の店では事務所と店の境に前足を置き、呼ばれるまで店に入ってくることはなかった。

ハナ、と呼ぶとトコトコと店に入ってきてお客様に愛想を振りまき、事務所の方向を指さすとまた元の位置に戻った。

 

思い返してみると愛情の薄い飼い主だった。

内灘の砂浜でリードを外し、思い切り走りまわらせていたとき、パラグライダー(というのかな?エンジンの付いてるやつです)の音と、空を飛ぶ姿を恐れ、どこかへ逃げてしまった。

2時間ほど探したが、あきらめて帰った。

それまでも2~3日〝出張〟することがあったのであまり心配はしなかった。

その日の夜、雨が降り出したので、あ、そうだ、ハナいまごろどうしてるんだろう、と気が付き、薄情だなオレは、と思ったものだ。

翌日、店の女の子たちが保健所で保護されているハナの写真をネットで見つけてくれた。

「ハナ、カメラ目線です~!」と、うけていた。

彼女たちは「ハナ、ひとりになると絶対人間の言葉、しゃべってますよ。」と言っていた。

 

 

本日未明、カミさんの腕の中でハナ 永眠しました。

ムスコは、収納いそびれているコタツにもぐって出てこない。

一枚板のテーブルトップ

1月に注文した家具が出来上がり、3月28日にジャワ島のスマラン港を出港した。

金沢港への到着は4月24日。

毎回、入荷は待ち焦がれていた品々が入ってくるので気分が高揚する。

中でも楽しみにしているのは、久々に仕入れた一枚板の天板2枚。

なかなか形の良いのに巡り会えないが、今回はいいのがめっかりました。

つばきやのFBページに、こんなの入りますよ、と写真を載せたら1週間もしないうちに2枚ともご予約を頂いた。

A様は205×70、厚さ4㎝の一枚板を座卓に、H様は210×85、厚さ5㎝の一枚板をダイニングテーブルに、とご希望を承った。

お二人とも新居を建築中。

 

ところで、家具を買われるお客様は新築やリフォーム、あるいはお部屋の模様替えなど、皆様プラスのイメージでお買い物をされる。

あの部屋にこんなテーブルが・・
新しいTVにはこんなTVボードが・
子どもがこの学習机で勉強して・・

お客様とお話をしていても先方の〝明るい希望〟が伝わってきて、こちらも明るい気持ちになる。

落ち込んだ時は家具を買おうなんて思わないもんね。

 

 

ところが・・

荷物をコンテナに積み込む予定日の前日、運送会社の女社長シスカからメールが来た。

『我々はこの二枚のテーブルトップを積み込むことはできません。なぜなら脚の付いていない一枚板はリスクを伴うからです。』

そうだ!思い出した。

一年ほど前から一枚板のテーブルトップは輸出が制限されていたんだっけ!

『税関はコンテナをスキャニングして、一枚板は法の下に輸出を禁止します。』

家具としての輸出はOKだが木材としての輸出はダメらしい。

その一枚板を買ったのは材木屋なので脚は別の家具工場に作らせた。

日本に到着してから組み立てるつもりだったけど輸出時に〝テーブルの形〟をしていないと認められないようだ。

 

結局、今回の輸入はあきらめ、向こうで組み立て、次回の輸送に回そうという事になった。

楽しみにしていた商品だけに残念!!

そして、A様、H様、すみません・・・

次の入荷は八月でございます。

ハナの子ども  ミギー

15年前に迷い犬だったのが、いつのまにか我が家のワンコになったのが ハナ。

迷子になっていたハナを保護したのだが、当時はペットを飼ってはいけない借家に住んでいたので、一応 大家さんに飼い主が見つかるまで預からせてください、と頼んだ。

大家さんはとてもいい人だったので気持ちよく いいですよ、と許可をもらったが後になってその犬が妊娠していることがわかった。

大家さんに言い出せないまま、ひと月経つと6匹生んじまった。

可愛い子犬たちだった。

生まれたばかりなのにそれぞれ違った性格を持ち、毛の色も違った。

茶色いやつ、黒いやつ、ブチのやつ。

かなう事なら6匹全部飼いたかったが、それは許されなかった。

さっそく子犬たちの貰い手探しに奔走した。

当時勤務していた会社のアルバイト君、近所の新聞販売店、友人の友人・・・

1匹ずつ貰われていったが最後の1匹の貰い手がなかなか見つからなかった。

何しろ雑種である。

犬を飼いたい、という人はそこそこいるがレトリバーだとかマルチーズだとか「〇〇犬を飼いたい」という希望があるようだ。

「雑種ですか・・・」と言われ断られることが多かった。

 

そんな中、空手部の先輩で当時同じ会社に勤務していたタカタ先輩に子犬のことを話した。

「先輩、子犬いりませんか?」

「お、いいよ。」

どんな犬か、どんな事情かなど何も説明しないうちにあっさりとした答えが返ってきた。

「雑種ですよ?」

「犬は犬だろ。」

竹を割ったような性格であるのは承知していたが、あまりにスカっとした応答に思わず笑いが出た。

 

当時金沢に住んでいたワタシの家から、東京の先輩の家まで子犬は『犬の宅急便』で送られた。

ワンボックスカーが〝集荷〟に来て、小さなかごに入れられた。

犬のサイズや種類(雑種か、高価な犬か)によって料金が決まるようだがたしか9千円くらいだったと思う。

子犬は先輩のお宅で、当時流行っていた青年誌コミックの登場人物(?)にちなみ「ミギー」と名付けられた。

 

最後のミギーが貰われていって、母親のハナだけが残った。

成犬は貰い手がいないので我が家で引き取り、犬を飼ってもよい借家へ引っ越した。

 

年賀状などで成長したミギーの写真を見たことはあるが、あれからあの子犬、ミギーとは会っていない。

 

昨日、タカタ先輩からメールが来た。

 

『ミギーです
 本日午前2時、永眠しました。
 椿のおかげで家族皆 良い思い出の14年を共有できました。
 奥様にも宜しくお伝えください。』

 

ミギーをかごに入れて東京へ送った日が、ついこの間のように思える。

百均の底力

つばきやのテーブルは〝耳付き〟と呼ばれるものが多い。

樹木の表面の自然な曲線を残したもので、フラッシュ構造、いわゆる合板で作られたテーブルでは出せない趣がある。

仕上がった〝耳〟の部分は滑らかな手触りに処理されているが・・

__

加工前の〝耳〟はこんな状態です。

3

 

この樹皮を剥くのにディスクグラインダーという電動工具を使う。

1

サンドペーパーを張り付けた直径100ミリの円盤(ディスク)を毎分4500回、回転させ木材を削る。

この4500回転はディスクグラインダーの中では低速の部類に入る。

これ以上速いと摩擦で木材が焦げてしまうのです。

うちの作業場には粒度24番から400番までのディスクがあって(数字が少ないほど粗いのです)、用途に応じて使い分けるが、樹皮を削るのは40~60番。

この40~60番、メーカー品は約800円。

でも、百均でも売っている。

百均商品の、特に刃物系はすぐに切れ味が鈍る。

百均ディスクも、おそらくすぐに切れ味が悪くなるなるだろうが、メーカー品の4分の1でも持てば経済的ではないか。

という事で新品のメーカー品と百均ディスクを交互に使って〝持ち〟を見た。

2

 

どちらがメーカー品だと思いますか?

左がメーカー品、右が百均。

結果はなんと、百均の勝ち!

メーカー品よりも長持ちしたのです!

 

すごいなぁ、、百均の底力・・・