つばきやみのりのへや 10.19(土)~11.1(金)

金沢美大の油絵を出た三浦千歩さんは、卒業後キャンドル制作を始め今年で12年目。

何年も前から彼女の作品を見ていますが、毎回技術力の高まりに驚かされます。

進化しているのです。

ろうそくでこんな表現ができるのか、と感心した作品も、その次の作品を見ると拙く思えてしまうほど著しい進化です。

2013-10-19 11.27.57

 

 

『蜻蛉』

 

 

 

 

 

 

一昨日、初めてつばきやを訪れたヨーロッパ人のご夫婦も展示期間の前日(三浦さんが展示の準備をしていた日)にもかかわらずお買い求めになりました。

2013-10-20 08.01.59 HDR

 

ヨーロッパ人のご夫婦がお買い求めになられた『蝶々』。

 

 

 

 

 

 

 

ひとつ6千円~2万円と、決して安くはないキャンドルが初日に5本売れました。

2013-10-20 08.01.03 HDR

 

『連段桝網代』

 

 

 

 

 

 

 

 

ろうそくだから火を点けなきゃ本当の美しさは見えないんだろうけど、火を点けたらいつかは無くなっちゃうんだろう、、と先々の余計なことを考えるワタシは無粋です。

まずはその美しさに魅かれてください。

2013-10-20 08.00.47 HDR

 

昨日、女性のお客様がお買い上げになった『イネ』。

三浦さんが「もう二度と作れません」と言うほど緻密な図柄ですが、またこれを超えるものを作ってしまうんだろーな。

ああ、火を点けたい。。

 

 

 

 

 

2013-10-20 08.00.30

 

『網ホオズキ』

 

 

 

 

販売されたキャンドルも、展示期間中は展示されています。(お客様へのお渡しは展示終了後です)

どうぞ、足をお運びください。

三浦千歩 キャンドル展

つばきやみのりのへや

2013.10.19(土)~11.1(金)