ビオトープ

中古の住宅を買ってそこに引っ越したと言ったら、チェンマイの陶器屋ワサナセラミックの社長、ソムサックが古い大きな鉢をプレゼントしてくれた。

店の玄関の前に置いて水を張り、そこにレンガを敷いて睡蓮を入れたバケツを置いた。

夏になればピンク色のきれいな花が開く。

 

ところがしばらくするとボーフラが湧いた。

ペットショップに行って一番安いメダカを10匹買って鉢に放した。

ものの10分でボーフラは全滅した。

 

この鉢は直径80cm、高さ60cmほどで、くびれがある。

どこかに亀裂があるらしく1日に5センチくらい水面が下がるので、しょっちゅうホースで水を補充しなければならない。

だが、補充しないと水が無くなってしまうわけではない。

鉢の底から30センチくらいのところ、ちょうど半分くらいの場所で水の減少はピタリと止まる。

そこいら辺に亀裂があるのだろう。

 

メダカを放した初めのころは気まぐれにエサをやったが、冬になり水面が凍るとエサもやれなくなるので、そのまま放ったらかしになった。

水の補充もしないので水量は半分になった。

氷

 

 

春が来て、水を入れ、睡蓮の土を入れ替えるとメダカさんたちは生きていた。

 

あれから6年。

あれ以来メダカさんたちにエサをやったことはありませんが、最初の10匹の子孫が毎年元気に泳いでいます。

ソムサックにもらった鉢はビオトープになりました。

メダカ