トイレットペーパーホルダーニューヴァージョン

有松の店から今の野々市に移転してきたのが10年前。

中古の住宅を自分たちで店舗に改装したのです。

壁のクロスは珪藻土に塗り替え、床のニスをサンダーではがす。

広間の障子を取り払い、ついでに欄間までのこぎりで切っちゃった。

トイレの便器を取り換え、壁には漆喰を塗りました。

トイレットペーパーホルダーも取り換えようとしましたが気に入ったトイレットペーパーホルダーが見つからず、バリの鉄工屋さんに作ってもらったのがコレ。

木の部分はテーブルの天板と同じマホガニー材を使っています。

IMG_2267

 

ありがたいことによく売れてます。

何社かの住宅メーカー様にも採用していただき、おかげさまで今までいくつくらい作ったんだろうと遠い目になるほどです。

 

 

シングルとダブルがありますが悩ましいのが『ダブルを付けたいけどスペースが無いのよねえ…』と仕方なくシングルをお選びになるお客様がいらっしゃること。

そこでひらめきました。

縦にトイレットペーパーを並べたらいいんじゃないのか、と。

 

 

 

バリの鉄工屋さんはジャワ人で英語が話せない。

一方、ワタシのインドネシア語力は幼稚園児並み。

なので新しい商品を発注するときはできるだけ写実的に描き、寸法も細かく指定します。

IMG_2273

 

そして2~3日でサンプルを作ってもらい、出来上がったサンプルを前にして、「ここをこう曲げて」「ビス穴の位置を変更して」などと指示を出し、GOを出すのです。

 

でもこのトイレットペーパーホルダーはもう何百も作ってるし、今までの形をちょこっとアレンジしただけだから彼も間違えることはないだろうと思って書いたのがこの気の抜けた絵。

IMG_2274

シングルのトイレットペーパーホルダーを縦に3連にしたのです。

シングルのスペースがあればトイレットペーパーが3個かけられるのですよ。

ひらめいたでしょ。

そして簡単なアレンジです。

間違えるはずがない。はずだったのです。

 

 

 

5月16日にコンテナの貨物を受け取り、まずは家具の検品、オーダーいただいた家具の製作。

バタバタとやらなければならないことをしているうちに、もうすぐ荷物を引き取ってから1か月です。

ああ、そうだ、今回はアイアンの新作がいっぱい入ってるんだったっけ、と思い出し段ボール箱を開けてみると…

あのトイレットペーパーホルダーはこんな風に出来上がってました。

IMG_2269

シングルじゃなくダブルのサイズが3連です。

心の中で(違ーーーう!)と叫びながらあの気の抜けたデッサンを見ると、ああ、トイレットペーパーを通す横棒のサイズが書かれてないし。

 

 

もともとダブルのサイズがスペース的に付けられない方のために作ったものなのに、ダブルのサイズが3連なんて。

需要があるのだろうか。

 

とりあえず我が家のトイレに付けました。

IMG_2270