温泉へ行こう!

店の休み(木曜)と、ムスコの学校の休みが重なるのは春休みや夏休みなどの時だけ。

今年の春休み、たまには温泉でも行くか、ということになった。

さいわい我が家から車で1~2時間も走れば、たくさんの温泉地がある。

和倉、片山津、山代、山中、粟津、一里野、湯涌・・・

しかし、車でピュッと行って、メシ食って、温泉入って、ピュッと帰ってくるだけじゃなんか物足んない。

ということで今回のミッションは 『歩いて温泉へ行こう!』 

木曜の朝、ムスコと二人で我が家を出発。

夕方、車で向かうカミさんと宿で合流。

1日中歩いた疲れを温泉で癒し、ウマい料理でブールをプハー。

い~ね~。

さ、それじゃ温泉地はどこにする。

あまり近くても物足りないし、かといって和倉なんぞへ向かったら1日じゃたどり着かない。

ほどほどに遠くて、でも朝出発すれば夕方には到着できるような場所、ということで山代温泉に決定。

スマホのアプリで我が家からの距離を測ると約40km。

時速5kmで歩いたとして約8時間。

途中メシ食ったり、休憩したりして10時間くらいかな。

 

何日も前から天気予報を気にしていた。

小さな傘マークが出ていたその日に近づくにつれ傘マークは消え、雲マークも消えた。

4月3日は快晴だった。

 

朝8時に出発。

風はあったが日差しが温かく、半袖で歩ける陽気だった。

ワタシの背負ったリュックには念のための雨具と着替え、タオル、文庫本、ゲーム機。

出発してから2~3時間、ムスコは饒舌だった。

最近読んだ小説のあらすじ、友達の〇〇君の話、あのゲームソフトはどうして面白いのか。

ワタシは息子の話に相槌を打ち、時々質問をする。

その質問に、ムスコはまた長い長い回答をする。

 

10kmほど歩いたところでひと休み。

ところが息子は2~3分も休むと、もう行こう お父さん、と言う。

お前、疲れてないの?と訊くと 歩くだけだろ、全然疲れないし、と勇ましい発言。

再び歩き出し、やがて手取川を渡る橋に差し掛かった。

堤防の桜は三分咲きだった。

手取川を越えたあたりから、ムスコの口数が少なくなっていった・・・

 

出発してから約5時間。

コンビニで買ったおにぎりを田んぼのあぜ道に座って食べた。

そのころからムスコは 「あ~」 とか 「う~」 とか唸りだし、

「オレ、なんで歩いて温泉行く気になったんだろ。過去の自分が理解できんわ」

とか

「お父さん、歩いて温泉行くのに何の意味があるわけ?」

と恨み節。

歩くだけでは全然疲れないと言った、あの勇ましさはどこ行った。

歩道

信号待ちは歩道の縁石に腰掛けて休憩

一度腰を下ろすと立ち上がるのが辛そうだった

 

 

30km地点に到着。

ひと休み。

ずっとリュックを背負っている父親に引け目を感じたのか、ハンデを与えられていることが悔しいのか、ここからはオレがリュックを背負うと宣言。

それからはほとんど無口。

発するセリフは二つだけ。

「あと何キロ?」

と言う問いかけと、訊くたびにほとんど縮まらない距離に

「え~・・」

と落胆する溜息。

ワタシも実感したけれどホントーに距離が縮まらない。

感覚としては3~4km歩いたような気がするんだけどスマホで測ると1kmも進んでいない。

山代温泉郷に着く前にスマホのバッテリーが切れたので宿の場所がわからない。

コンビニのお姉さんに訊くと 「4つ目の信号を右に曲がって、その通りの右側です」。

ムスコは

 「え~・・信号4つも~・・」

なんとか到着したのは夕方の6時。

やっぱり10時間かかった。

二人

リュックを背負ってよく頑張りました

 

1

大浴場へ・・

2

行く途中で・・

3

力尽きたムスコ。

4

温泉は楽しかったけれど、もう歩いてはいかない!と、宣言されました。

でも、また行こうな。